< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > V50の整備その他 > 銭湯のバイク・車 > V50の整備その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V50の整備その他



今日は先日戻ってきたV50の整備を・・・

週末のツーリングにこいつで行きたいので・・・



前オーナーさん曰く、プラグがかぶって片肺になるとのことです。
試しに試乗しましたが、最初は2気筒とも爆発しているのですが、やはり少し走ると片肺に・・・
ありがちなのは、冷えている時は火が飛んで、温まると火が飛ばないというコイルの劣化によるもの。

プラグは両方とも真っ黒・・・・
オイルの付着ではなく、ガスが濃い感じが。
オイル上がり、下がりではないようで取り急ぎは一安心です。

まずはキャブをOHしましたが、特に詰まり等はありませんでした。
気になるのはメインジェットのニードルが腐食してザラザラになっているところ。
ここが原因??
もしくは腐食によりジェットの穴が拡大しているのか?

火花は両方飛んでますが、左がたまに飛んでない感じが・・・
とりあえず、MONZAからコイルをもってきて仮組みして火花をチェックすると右と同じでいい感じの火花が出ました。

34.jpg

このコイル、やたら狭いところに押し込んであるので取り出すのが一苦労です・・・
日本電装のものですが、ヤマハGX250と同じものなので、今度、ヤマハに注文入れてみようと思います。

手前にFブレーキのマスター、上にはリザーバータンクが。
ブレーキからここまではワイヤーで持って来てます。
なぜ?
見た目で、ハンドル回りをすっきりさせたかったのでしょうか?



ん~、あとは、ガスが濃い原因は・・・エアクリの詰まりかな?
という事で、エアクリBOXを外しました・・・

しか~し、ここでびっくり・・・

ぬわぁ~んとと、エアクリーナーが入ってませんでした。

33.jpg



仕方がないので、部品取り車両からのストックからエアクリを持ってきて、エアーで掃除して取り付けました。

キャブのエアインテークのオニギリBOXも傷んでいたので、こいつも部品取りからのストックに交換。
裏に補修後が見られたので念の為、再度、ボンドで補修しておきます。

32.jpg


通常、エアクリが無いとガスが薄くなると思うのですが・・・

どうなんでしょ。

キャブのOHキットを組み込んで、再度トライしてみます。


あと、先日来たロドラのマフラーを純正に戻しました。
パーツリスト見て、面白い形のエキパイだな~と思っていましたが、実物もやっぱりそうでした。

35.jpg

たぶん、これって・・・エキパイ自体がマフラーの役目をするように絞って穴開けて、なんでしょうね。
その代わり、マフラー内部をシンプルな構造にして、軽量化を図ると・・・

実際にこのマフラー、持ってるのを忘れるくらい軽いです。
アルミのマフラーだと思いますが、重量はチタン並みに感じます。
GUZZIのノーマルは重いという定説を見事に覆してくれます。

ここまで工夫しているバイクってなかなか無いですよね~。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL

まとめtyaiました【V50の整備その他】

2012/05/30(Wed)01:12

今日は先日戻ってきたV50の整備を・・・週末のツーリングにこいつで行きたいので・・・前オーナーさん曰く、プラグがかぶって片肺になるとのことです。試しに試乗しまし

まとめwoネタ速neo



▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。