< 2017年04月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年06月 >
ホーム  > スポンサー広告 > カルデリーノ PICK UP~! > 銭湯のバイク・車 > カルデリーノ PICK UP~!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルデリーノ PICK UP~!

5/5にLOSから大井港に船が到着し、10日の朝一から引き出しOKと船会社から連絡がありました。
保税倉庫の無料保管期間が13日までとのこと。(通常5日間無料、それ以降は今回の場合は保管料が一日約1,000円ちょいかかります。とのこと)
ちょうど今日、10日がバイトが休みの日なので、善は急げということで早速大井埠頭へ向かいました。
初めてのセルフ通関なので実際は出直しくらうと大変なので早めに、、、と。
ちなみにアメリカからの貨物の検査は大変厳しく、業者で通関の場合は特に検査が厳しく追加費用が掛かる可能性が高いとのこと。個人で通関した方が検査もやさしくてスムーズだと海運会社担当者が言ってました。
ユーザー車検みたいな感覚ですね!

06:00起床
06:20発
今、ものすごく金欠で高速代が無いので往復とも下道で行って来ました。をぃ~!
往復11時間400キロの道のりでした・・・
今回はビジネスじゃなくて、自分用なのでまぁいっかです。
途中寄り道もあり、23:00頃帰宅しました。
俺、お疲れ様~。

このカルデリーノ初期型は自分用なので販売不可ですが、同様の車両が欲しい方がいましたらお探しして輸入代行致しますよ~!
但し、玉数は少ないので時間はとってもかかると思います。
私のも一年がかりでしたので・・・(汗)

レア車の検索・輸入代行は「HARD TO HANDLE」までご用命下さいませ~♪


以下、本日の出来事~っと。


前日までに
輸入CFS貨物出庫オーダー予約書(船会社からメールでもらう)を船会社が共同で管理する倉庫(今回は東京海貨センター)に出庫予約のFAXをする

当日準備するもの
・インボイス2枚(バイク用とパッキング&シッピング用、バイク購入時のもの)
・B/L ビルオブランディング・船荷証券(現地のシッピング手配会社からもらう)
・A/N(アライバルノーティス、到着後日本の船会社が送ってくる、今回はメール添付、荷物取引の内容と手数料が記載されている)
※手数料
①CFSチャージ・コンテナフレートステーションチャージ¥6,762 混載便の場合にコンテナから荷物を出してそれぞれの荷主ごとに荷物を仕分けるための手数料
②CHCコンテナハンドリングチャージ/THCターミナルハンドリングチャージ¥1,019 倉庫から荷物を引き出しトラックに積み込む荷捌き代
③D/O FEE デリバリーオーダー発行手数料¥3,000)
合計¥10,781でした。
CFSチャージが高いですね。木箱1個だけなんだからもうちょっと安くても?¥3,000くらいでも良くない?
・印鑑
・身分証明書
・現金

まずは海運会社に行き、B/Lを提示して上記手数料を払いD/O(貨物引換証)を発行してもらう。
次に税関大井埠頭出張所へ行き、1F食堂で輸入申告書@¥30を購入する。今回は貨物の価格が20万円以上とのことで三枚購入
3Fの個人輸入の窓口で全ての書類+関税計算書+輸入申告書+納付書を提出
記入がかなり面倒で時間も掛かりますが書き方は丁寧に教えてくれます。
今回は関税は無しで輸入消費税が貨物代金+梱包&シッピングの約5%掛かりました。
そして今回は検査が必要とのことなので、検査の為に倉庫から貨物を引き出す旨の書類を2枚もらい、海貨センターへ。
海貨センターでその書類とD/Oを提出し、貨物をトラックに載せてもらいます。
フォークリフトで乗せてくれます。
もう一度税関へ行き、携帯で担当者を呼び出して、X線検査を行います。
X線に入らない場合は梱包を解体して目視検査です。
今回はギリギリX線の機械に入りました。
検査終了後、輸入消費税(今回は¥17,300)を払い、輸入申告書に許可印を押したものと領収書をもらいます。
許可印のある申告書を海貨センターにFAXして業務終了です。
ちなみに通関を船会社の下請けに依頼した場合の手続き代行手数料の見積もりは¥27,750でした。
自分で行けば¥0です。でも一日ががりでやっぱり大変でした~。
台数が多い場合は業者依頼になりますかね。

ご参考まで~。ww


DVC00129.jpg
持ち込み書類

DVC00130.jpg
申告書は窓口ではなくなぜか1F食堂で購入

DVC00128.jpg
計算書書き方

DVC00127.jpg
申告書書き方

DVC00126.jpg
提出書類解説

DVC00125.jpg
貨物引き出し

DVC00122.jpg
X線検査・木枠がギリギリ・中型バイクは不可ですね

DVC00121.jpg
帰り道・東京タワー




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。