< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > V50MONZA 整備その2 > Web shop 商品紹介 > V50MONZA 整備その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V50MONZA 整備その2



だいぶ前の出来事になってしまいましたが・・・GW初日にMONZAを無事納車しましたのでUPしておきます。

整備その2

配線皮膜補修

DVC00383.jpg


テールランプ玉切れ

DVC00388.jpg


プラグの銘柄違い、しかも番手も違う・・・
ありがちですが、日本人的にはNGなのでマニュアルどおりのBP7ESの中古品をサービスで入れ替え。

DVC00386.jpg



キャブのオーバーフローが何度やっても収まりません。
結局、エアインテークにたまったガソリンが、インテーク内のゴミと一緒に逆流している事に気がつき・・・
ここを入念に掃除してもいちどバラして解決しました・・・

DVC00394.jpg


エンジン、ミッション、ファイナルのオイル交換です。
ファイナルはRショックを外してスイングアームを平行にして作業を行います。

DVC00391.jpg


ファイナルのモリブデンの添加について、先輩整備士にさん曰く、モリブデンを先にファイナルに注入し、その後オイルを注入すると良いとのことでしたが・・・
それだと23ccという規定量がわからないので、オイル差しの目盛りで量をはかりながらそのままオイルを追加してブレンドすることに。
しかし、これが失敗の元でした。
ブレンドすると思いの他粘度が上がり、オイルを差しても一向に中に入ってくれません・・・
非常に時間がかかってしまいました。大失敗です。
まずは、自分の考えた通りに実践してみたかったのですが、やはり先輩の言うとおりの方法が時間がかからず◎でした。

DVC00392.jpg

ひととおり終わったので明日車検かな?という時に急にセルが動かなくなってしまいました・・・
リレーがカチカチ言ってるので・・・
配線チェック
バッテリーブースト
リレー本体の導通チェック
セルモーター直結による動作確認
ヒューズBOXの配線と裏側チェック(一本ゆるかったので増し締め)

とやりましたが原因つかめず・・・
ついにはセルモーターもばらしたり・・・でも異常無し・・・・

DVC00384.jpg


結局2日無駄にしました・・・

2日目の夜に知り合いの整備士さんに診断を依頼。
たまに調子が戻る時があったりする、、、と話したら。
なら、ニューズが怪しいですよと。アドバイスもらい・・・チェックすると・・・・




お~~っと、なんだこりゃ! で。

見えない部分で頭だけ芋虫ヒューズが溶けてました・・・
「緑」だからリアルに芋虫みたいです。

DVC00387.jpg

全ての端子を磨いて、ダメなヒューズを交換して一件落着です。
単純な事でしたが、、、見た目わからず。
入念なチェックしておけば早く分かったのに・・・おばかさんでした。

ま、何事も経験ということで・・・


この後、民間車検工場で光軸を合わせてもらい、翌日の車検は一発合格でした!◎


Tさんも無事に帰宅できたそうでなによりでした。

IMG_5045.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。