< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > V50 MONZA(モンツァ) 整備 > Web shop 商品紹介 > V50 MONZA(モンツァ) 整備

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V50 MONZA(モンツァ) 整備


消防団の入退団式、隣組みの葬儀の手伝いなどでばたばたしておりましたが、昨日から作業再開です。


まずは、新規登録&車検を依頼されておりますV50MONZAから・・・

予てから懸案のチョークワイー(わーいやん?)ガイドの交換です。

右はポッキリ逝ってまして、左はフレームにぶつかって削れてます・・・

DVC00335.jpg

IMG_4669.jpg


同じ物を新品で取ろうかと思ってたところですが、、、
既存はベントが90度のもの
手持ちのV50とV65ラリオと比較するとこちらは角度がゆるい110度くらいのもの
どっちが正解??

IMG_4671.jpg


とりあえずラリオから外して付けてみることにしました。
長さが若干違いますがすんなり付きました。
ワイヤーの取り回しからすると右は90度の方が良いかもしれませんが、110度の方がワイヤー自体に無理がかからないので◎ですね~。
左はベントの始まりの角度がゆるくなったおかげでフレームにギリギリ干渉無し。あくまでギリギリですが・・・
キャップのゴムを交換、チョークワイヤー注油、スライダー清掃とワイヤー調整。
グッチはここら辺が引っかかってチョークが戻りきっていない個体が多いと聞きますのでメンテ必須箇所です。

IMG_4673.jpg


あとから気がついたのですが、右は削れたのではなく「削った」ようです・・・
しかし、よくもまあ、穴が開くギリギリまで削ったものですね。
物を捨てないイギリス人的発想。確かこの車両の出どころはイギリスだったような・・・

IMG_4672.jpg


ギリギリといえばクラッチワイヤーの取りまわしもギリギリで・・・
キャブとミッションケースに挟まれるし、シリンダーに当たるしで・・・アウターが削れてます。
ここは後日、UPハンドル用の長いワイヤーに交換すると良いと思います。
取り急ぎ、ゴムホースで保護しておきました。

IMG_4666.jpg

IMG_4668.jpg


エンジン始動しようとコックをひねるとキャブが左右ともオーバーフロー。
フロートチャンバーをもいっかい外し・・・

燃料フィルターを装着しようとしたら交換していない右のホースがカチカチすぎて装着不可!
右は大丈夫かと思ってたのですが甘かったです。
再度、バッテリーを外し、キャブ外し・・・
クロスジョイントの所をひねると簡単に回り、手で引っ張って抜けました・・・・

IMG_4675.jpg


IMG_4676.jpg


本日の作業は終了。
夜はホムセンにホースとクランプを買出しに行きました。
今後の為に多めに買出し・・・
ホースは2m、クランプは10個。


続きは明日・・・・


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。